当社製品の精度と経済的工具の使用

最近の工作機械の精度

 最近工業技術の進歩発展に伴い国産品、輸入品を問わず工作機械の精度と能率化も非常に向上して参りました。現在工作機械の精度を1ミクロン引揚げることは非常に困難であります。しかし需要者側も機械メーカーもこの点に非常に力を入れている現況であります。

不良品を出す原因

 ドリル自体の完全消耗はわずかで、大半は折損とういう事になって居ります。これはテーパーの当りが不良のため芯振れ域は抜け出して折損することが多いのです。
 リーマー仕上げの場合の一例として、国内の優秀工場で不良原因を追求した処、テーパーの精度不良のため、仕上穴のリミットが大となり、そのため製品不良を出した例もあります。

従来の市販工具の振れと当り

 従来市販のスリーブ、ソケット類の殆どがリーマー仕上げで、内面研磨されて居りません。
 当社製品は、内外直径が正しく同心であり、内外両面研磨を完全に行って居りますので、当りは充分で最高の精度が保証されております。

製品不良の防止に最高精度の当社製品を

 機械の精度を優秀にするのには、先ず機械加工に使用する工具の材質や制度の優れたものが重要なポイントとなる訳です。然るに現在優秀な機械をお持ちになっている大工場でさえ、定期検査や整備をいくら完全にしても、精度の完全な製品が仲々得られないのは、精度と品質の優れた工具を使用する事に重点を置かないからです。
 当社は長年月の秀れた経験と共に技術の練磨に精進し、製品は一つ一つ綿密な検査を行い責任を以って一流会社及び市場へ送り出して居り、多方面から非常に御好評を博して居ります。
 又、本年より各種精密機械器具を増設いたしまして一層品質の向上に努めて居ります。
 何卒今迄の不良品を無くし、工具の折損、消耗を僅少にする様当社製品の御試用を御願い申し上げます。

***